【名古屋市】従業員に事業承継する際の流れと仲介会社の選び方 資産の承継や手続きの相談もお気軽に

昔は親族内での事業承継が当たり前でしたが、最近は従業員への事業承継やM&Aが増えてきています。特に従業員への事業承継は増えており、経営者としての資質や能力を持った社内の人間を後継者に、という実力主義が目立ってきています。

そんな従業員への事業承継は比較的スムーズですが、計画を立てて承継完了までの流れを想像しておくとより確実に行えます。
こちらでは従業員への事業承継にスポットを当て、手続きの流れを解説していきます。また、M&Aを考える経営者様に向けた事業承継の仲介会社選びについても紹介します。名古屋市で仲介会社をお探しの方は、有限会社アイケイエージェンシーにご相談ください。

従業員に事業承継する際の流れ まずは資産などの状況を把握しよう!

discuss the market

従業員に事業承継する際の流れは、大まかに解説すると以下のとおりです。

  1. 会社と現経営者の状況把握

    会社の業績・資産・株式・従業員数など、経営に関連する様々な内訳や状況を把握します。経営者個人の資産・負債・保有株式、そして健康状態も確認しておきましょう。

  2. 候補者の選定

    従業員から候補者を選ぶ場合は、これまでの業績や人間性に加えて、経営者としての資質や能力が必要です。社内での人間関係や立場も考慮し、慎重に候補者を選びましょう。この時点で後継者候補が見つからない場合は、M&Aも考え始めます。

  3. 計画書の作成

    事業承継をどのような流れで行い、手続きや告知をいつ行うかを決めていきます。長い期間と専門的な知識が必要になります。専属の専門家がいない場合は、外部の税理士や弁護士の力を借りると良いでしょう。

  4. 後継者の育成

    後継者になった従業員が経営者になるための知識を付け、信頼関係を築く時間が必要です。他部署での業務や取引先への挨拶、セミナーへの参加などやれることは多くあります。

  5. 関係者への周知

    事業承継をすることを社内・社外に周知する必要があります。早すぎず遅すぎないタイミングを狙う必要があるため、どの時期に周知するかは専門家の意見を取り入れるのがおすすめです。

  6. 株式の譲渡

    株式会社の場合は現在の経営者から後継者へ、保有している株式を引き継ぐ必要があります。後継者は対価を支払うのが一般的ですが、贈与や遺贈する場合もあります。いずれの場合も株式の移行や各種税金対策など、複雑な手続きが必要です。

  7. 業務の引継ぎ

    現在の経営者から後継者へ、少しずつ経営者としての業務を移行していきます。すべて完了したら事業承継は完了です。

従業員への事業承継は、業務の引継ぎや現在の経営者との意思疎通が比較的スムーズに行えます。しかし、事業承継計画書の作成や外部への周知時期、株式の譲渡、相続の手続きなど、様々な面で専門的な知識が必要になります。
専門家の力が必要になったら、ぜひ有限会社アイケイエージェンシーにご相談ください。名古屋市に事務所がありますので、市内の会社であれば迅速にご対応できます。

事業承継の仲介会社を選ぶポイント

point

従業員への事業承継やM&Aを考える場合は、事業承継を得意とする専門家がいる仲介会社にサポートしてもらうのがおすすめです。とくにM&Aを選ぶ場合は、仲介会社次第で会社の未来が大きく変わります。以下のポイントに気を付けて適切な仲介会社を選びましょう。

知識と情報が豊富

M&Aは知識と情報が明暗を分けることが多いです。同業種の知識と情勢を見る力があり、会社がある地域の情報が豊富な仲介会社を選びましょう。知識が深く、情報を幅広く持っていれば、大切な会社をより発展させるM&Aができる可能性が高くなります。

仲介手数料が良心的

仲介会社にM&Aを依頼する場合は仲介手数料が発生します。仲介手数料が法外に高いと手元に残る資金が減ってしまうため、事前に手数料の計算方法を聞き、相場と比べてみてください。着手金・中間金・各種手数料の有無も一緒に確認しておくと安心です。

専門家が在籍している

M&Aには業界や地域の知識と情報に加え、会計・税務・法務での多くの知識が必要とされます。ビジネス面に精通しているだけでなく、弁護士・税理士・公認会計士など専門家が在籍しているところを選びましょう。専門家がいればあらゆる手続きが迅速・確実になるので、M&Aだけでなく従業員への事業承継でも無駄がありません。

会社のことを一緒に考える姿勢

M&A・従業員承継どちらの場合でも、会社のことを一緒に考えてくれる仲介会社を選ぶのが重要です。利益しか見ていなかったり、偏った方針を押し付けてきたりする仲介会社では、早く事業承継が進んでも満足のいく結果は得られないでしょう。アドバイザーのような立場で、会社のことを一緒に考えてくれる親身な仲介会社を選んでください。

名古屋市の有限会社アイケイエージェンシーでは、経営者様の想いや後継者様の考えに寄り添った事業承継のお手伝いをしています。名古屋市内の情報も幅広く持っていますので、M&Aをお考えの場合も力になります。

従業員への事業承継やM&Aなら信頼できる専門家のいる仲介会社へ 資産の承継や手続きの相談もお気軽に

従業員への事業承継には時間がかかり、計画書の作成や税金・相続対策など多くの面で専門的な知識が必要になります。会社の規模や保有資産が大きければ大きいほど、多くの手続きが出てきます。経営者・後継者の負担も考え、事業承継を考え始めたら専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。M&Aの場合はさらに業界の深い知識や地域の情報が必要になるため、信頼できる仲介会社を選びましょう。

名古屋市にある有限会社アイケイエージェンシーでは従業員への事業承継とM&A、どちらのご相談も受け付けています。税理士や弁護士などを紹介することも可能ですので、会社の資産や各種手続きでお困りの場合もお力になれます。

コラム一覧

  1. 【名古屋市】事業承継の相談をお考えの経営者はお気軽に 後継者不在で廃業に追い込まれる企業
  2. 【名古屋市】事業承継の相談はお気軽に事業承継対策や自社株対策のアドバイス
  3. 【名古屋市】事業承継支援を希望の個人事業の方は 継ぐ側(兄弟・親族)が知っておくべきこと
  4. 【名古屋市】業承継支援(相続税対策・取引先への周知など)はお任せ 事業承継の進め方
  5. 【名古屋市】事業承継はM&Aの一部 資産・財産や贈与税について相談を
  6. 【名古屋市】事業承継にM&Aがおすすめの理由 手続きや各種対策について相談を
  7. 【名古屋市】中小企業の事業承継について 相続対策が得意な専門家ならコンサル会社へ
  8. 【名古屋市】中小企業の事業承継のタイミング 相続税や不動産の取り扱いについて相談を
  9. 【名古屋市】従業員が事業承継するときのメリット・デメリット 役員を後継者として事業譲渡するなら
  10. 【名古屋市】従業員に事業承継する際の流れと仲介会社の選び方 資産の承継や手続きの相談もお気軽に

名古屋市で事業承継のお悩みなら「有限会社アイケイエージェンシー」へご相談ください

会社名 有限会社アイケイエージェンシー
住所 〒453-0808 愛知県名古屋市中村区郷前町1丁目5
アクセス 名古屋市営地下鉄桜通線「中村区役所駅」3番出口から南へ5分
TEL 052-756-2785
※電話連絡の際は、「事業承継専門ネット」を見たと一言お伝えください。
営業時間 9:00~18:00
定休日 日曜日・祝日
URL https://www.1948wakoh.net
PAGE TOP